読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brew-fileの各コマンド

BREWFILE: brewでインストールされるアプリのリスト。デフォルトで/usr/local/Library/Brewfileにある。

こんなときは...

新しいアプリを入れるとき

brew file install <Application>

OR

brew file brew cask install <Application>

アップデートをチェックするとき

brew file update && brew file cask_upgrade

現在のアプリ情報をもとに、BREWFILEを初期化したいとき

brew file init

各コマンドの意味

brew file install

パッケージをインストールする。 --preupdateオプションを付けると、インストール前にbrew updateする。

brew file brew

通常のbrewコマンドを実行した後、BREWFILEをアップデートする

brew file init / -i / --init

現在のインストール済みパッケージをもとにBREWFILEを初期化し、アップデートする。

brew file set_repo / -s / --set_repo

BREWFILEレポジトリGitHubなどにセットする。 例: brew file set_repo -r <repository> <repository>にはgithubレポジトリ名を書く(e.g. joker8phoenix/Brewfile)。

brew file pull

レポジトリBREWFILEを落としてくる。

brew file push

レポジトリに、ローカルのBREWFILEをアップする。

brew file clean / -c / --clean

リストにないインストールパッケージ、リストにないタップ、キャッシュを削除する。 より強くクリーンアップしたい場合は、-Cオプションをつける。

brew file update / -u / --update

以下の一連を実行する。 1. brew file pull: BREWFILEを落としてくる。 2. brew file install: リストから不足分をインストール。 3. brew update/upgrade: パッケージのアップデート 4. brew file init: ローカルのインストールパッケージ分を足してリストを初期化。 5. brew file push: リストをレポジトリにアップ 6. brew file clean -C: クリーンアップ

brew file edit / -e / --edit

ローカルのBREWFILEを編集する。

brew file casklist

Applications, /Applications/Utilities, ~/Applications/にインストールされているアプリを、Caskに存在しているかどうかでチェックして、リスト表示する。 同時に~/にリストを保存する。

brew file cask_upgrade

caskアプリをアップグレード。 -Cオプションを付けると、古いバージョンを削除する。

参考

rcmdnk/homebrew-file