Yosemiteで、Homebrew環境構築手順(brew, brew cask, brew file)

1. Homebrewの環境構築

1.1. Xcode

Xcodeをインストールしてから、以下を実行し、Command Line Toolsをインストールする。

xcode-select --install

1.2. Homebrew

ターミナルを起動して、以下を実行。

% ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

さらに、以下を実行。

% brew doctor

警告の指示通りに解消させておく。

これでHomebrewは利用可。 さらに拡張していく。

2. 拡張(brew-cask, brew-file)

2.1. 準備

2.1.1. Github

gitをインストールしておく。

% brew install git

2.1.2. brew update

brew updatebrewで入れたツールのアップデートを確認するコマンド。 とりあえず、動作確認をしておく。

% brew update

git云々でうまくいかない場合は、以下を実行すると良い。

% cd $(brew --prefix)
% git fetch origin
% git reset --hard origin/master

2.2. Homebrew-Cask

Homebrew-Caskをインストールする。 通常のアプリをHomebrewで入れられるようになる。

% brew install caskroom/cask/brew-cask

2.3. Homebrew-file

2.3.1 brew-fileのインストール

Homebrew-fileをインストールする。 brewで入れたアプリの管理がとても楽になる

% brew tap rcmdnk/file
% brew install brew-file

2.3.2 gitにBrewfileを作成

次に、自分のGithub(無ければ作成しよう)で、Brewfileという新しいリポジトリを作成する。

2.3.3 gitのBrewfileをセットする

git上にあるBrewfileとMac上のHomebrewをつなげる(クローン作成)。

% brew file set_repo -r [Githubアカウント名]/Brewfile

うまくいったら、

% brew file edit

でBrewfileを閲覧・編集できることを確認する。

はじめは、Brewfileは空っぽなので、 brew file init によってBrewfileを、現在のbrewのインストール状況によって初期化するとよい。

2.3.4 Brewfileの編集

すでに、さまざまなアプリをインストールしていて、改めてCaskで入れなおしたい場合、以下を実行すると、Caskでインストールできるアプリを炙りだしてくれる。

% brew file casklist

この情報を、brew file editでBrewfileに書き込む。

2.4 Homebrewのアップデート

brewおよびbrew caskで入れたアプリをアップデートする。

2.4.1 brewのアップデート

以下のコマンドにより、アップデートとともに、Brewfileの更新を行ってGithubに同期してくれる。

% brew file update

2.4.2 brew caskのアップデート

caskでは、通常のアップデートだと、古いバージョンのアプリはすべて残っていく使用になっているが、最新版だけ残すためには以下を実行する。

% brew file cask_upgrade -C

古いバージョンも残していたいのであれば、

% brew cask update

でok。

参考文献

Homebrew — The missing package manager for OS X

Homebrew Cask

rcmdnk/homebrew-file · GitHub