読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログで TeX 表記する方法による見た目を比較

TeX

目的

以前、はてなブログで MathJax \(\alpha^{\beta^\gamma}\) - joker8phoenixの日記で、MathJax を用いた TeX 表記法を紹介した。
それ以前は、LaTeX Equations in HTML | CodeCogs Equation Editorを利用していた。
入力に関しては、明らかにMathJaxのほうが楽だが、見た目はどうだろうか。
ここで、対数正規分布の導出 - joker8phoenixの日記の内容を使って比較してみる。

比較

LaTeX Equations in HTML による方法

確率変数 対数 正規分布に従うとき,対数正規分布に従うという.
対数正規分布の密度関数はこれ.

導出は以下.





MathJax による方法

確率変数 \(X\) の対数 \(Y=\log X\) が正規分布に従うとき,\(X\) は対数正規分布に従うという.
対数正規分布の密度関数はこれ.
\( f(x)=\displaystyle \frac{1}{\sqrt{2\pi}x\sigma}\exp \left( -\frac{ (\log x -\mu )^2 }{ 2\sigma^2 }\right) \)

導出は以下.
\(\begin{eqnarray} f(x)&=&\displaystyle \frac{d}{dx}P(X < x) \\
&=&\displaystyle \frac{d}{dx}P(\exp(Y) < x) \\
&=&\displaystyle \frac{d}{dx}P(Y < \log(x)) \\
&=&\displaystyle \frac{dy}{dx}\frac{d}{dy}P(Y < \log(x)) \\
&=&\displaystyle \frac{d\log x}{dx} \frac{d}{dy}P(Y < \log(x)) \\
&=&\displaystyle \frac{1}{x}f(y)\end{eqnarray}\)

結果

MathJax のほうが楽、綺麗、画像じゃない、何よりも TeXの関数(たとえば、上の例では¥begin{eqnarray}を使っている)がそのまま使える、という点で優れていると思う。
もしもっと良い方法があったら、是非教えていただきたい。

追記

どうやらiPhoneSafariだと、MathJaxの数式はTeXに変換されないようだ。