読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enumerate 環境の箇条書きを、括弧付きにしたり英語にしたり

背景

で数字付きの箇条書きを作るには enumerate 環境を利用するが、デフォルトでは数字のみの箇条書きから始まるが、はじめから括弧付きで始めたり、英数字で始めたかったりする。

目的

enumerate 環境の箇条書きルールを自分で定義する。

方法

\renewcommand{\labelenum?}{XXX書式{enum?})}

というコマンドを記入する。
?には適用する段をi,ii,iii,...のように記述する。
XXXには囲む記号を記入する。
書式には表示する番号のルールを記入する。利用できる書式は以下の表の通り。

引数 書体 出力例
\arabic アラビア数字 (1,2,3,...)
\roman 小文字のローマ数字 (i,ii,iii,...)
\Roman 大文字のローマ数字 (I,II,III,...)
\alph 小文字アルファベット (a,b,c,...)
\Alph 大文字アルファベット (A,B,C,...)

例えば、1段目に対して(i), (ii), (iii),...のように始めたかったら、

\renewcommand{\labelenumi}{(\roman{enumi})}

2段目に対して1)., 2)., 3).,...としたかったら、

\renewcommand{\labelenumii}{\arabic{enumii}).}

3段目に対してa)., b)., c).,...としたかったら、

\renewcommand{\labelenumiii}{\alph{enumiii}).}

これを文書全体に反映させたいのであれば、プリアンブルに記述する。一箇所の enumerate でのみ適用したいのであれば、

\begin{enumerate}
\renewcommand{\labelenumi}{\arabic{enumi}).}
\item aaa
\item bbb
   \begin{enumerate}
   \renewcommand{\labelenumii}{\Roman{enumii}).}
   \item aaaaaa
   \item bbbbbb
   \item cccccc
      \begin{enumerate}
      \renewcommand{\labelenumiii}{\alph{enumiii}).}
      \item aaaaaaaaaaaa
      \item bbbbbbbbbbbb
      \end{enumerate}
   \end{enumerate}
\item ccc
\end{enumerate}

のように、\begin{enumerate}~\end{enumerate}の中に記述すると、以下のようになる。
f:id:joker1110:20121101163902p:plain

結論

の enumerate 環境における箇条書きの書式が自由に変更できる!